8/7 川掃除士隊

 

 昨年に引き続き、戸出川を掃除するため、倒木伐採を行いました。

 

 倒木箇所に向かう途中、沢蟹が出迎えてくれました。

 

 この戸出川には3箇所の隧道が有り、ここは2箇所目の隧道です。

 

 上流に見える構造物は、戸出川を堰き止め、水田に水を供給するための堰です。

 

 杉林は、以前は水田でしたが、昭和40年頃の減反政策により植林されました。

 

 この箇所は、太い倒木が横たわり、昨年は手を付けられませんでしたので倒木を細かく切りました。

 

 

 

 山からの倒木は、河川区域の部分を切り分けました。

 

 河川区域に落ちた倒木は、細かく切り分けました。

 

 

 明日は、この箇所を中心に参加者の力をお借りし、河道を確保したいと思います。

 

 県内外からの24名の掃除士隊の皆さんに戸出川の概要(L=1500m、江戸時代水田確保のため川廻し(河川改修)を行ったこと等)の説明後、自己紹介をお願いし、約1km先の倒木箇所へ向かいました。

 

 目的地に向かう途中、昨日に引き続き、沢蟹やコクワガタの出迎えです。

 

 途中には、戸出川ならではのスポットが有ります。

 

 作業箇所へ向かう途中での倒木除去作業です。

 

 作業箇所へ到着後、早速、倒木の除去を行いました。

 

 皆さん、慣れない作業ですが、懸命に倒木の除去を行ってくださいました。

 

 河床内に埋まっていた流木を、つまづかない様に除去をしていただきました。

 

 この様に思いやりを込めて川の掃除を行っていただきました。

 

 昨年は全く手に負えない箇所でしたが2年間にわたる川掃除士隊の皆さんのご努力で、上流までの河道が確保されました。

 

 早速、確保されました河道を渡り、上流まで川歩きを行いました。

 

 作業箇所の上流にある2か所目の隧道で記念撮影を行いました。

 

 この隧道は、長年の風雨にさらされ、今にも崩落寸前ですが、木々の根の力を借りながら頑張っている様に見えます。

 

 最後の隧道前で記念撮影です。

 

 この隧道まで約1.2kmです。

 

 ここからは林道と接道しています。

 

 3年ぶりの戸出川踏破です。

 

 帰路は、皆さんどのような思いでこの川下りをされたでしょうか?

 

 最下流部の隧道です。

 

 この隧道の勾配を利用し、こんな楽しみ方を見つけました。

 

 

 

 

 

 IさんやYさんは、お子様と一緒に川遊びを楽しんでいました。 

 

 

 

 

 昼食は、やまびこの皆さんが工夫を凝らしたメニューで、素麺をカレーのたれでいただきました。 

 

 以外に素麺とカレーがマッチしていました。

 

 かき氷は、氷が、きめ細かくサクサクしていました。 

 

 

 

 

 前述しましたが、参加者の皆さんのおかげで、2年がかりで戸出川整備を行い、河道を確保することができました。

 参加者の感想の中に、ガラスやゴルフボールがあり思いのほか汚れていたとのご意見がありました。

 河道確保に主眼を置いたため、基本的な事を置き去りにしてしまった感は否めません。

 今回、皆さんから地道な活動がいかに大切か教えていただきました。

 また、戸出川の遊び方や生き物鑑賞等を通じ、ここを訪れる皆さんが地域の魅力発信の一助になれば幸いです。

 不手際が多々あったと思いますが、皆さんと貴重なひとときを過ごせましたこと感謝申し上げます。

 ありがとうございました。

 

古民家再生プロジェクト
古民家再生プロジェクト

298-0265

千葉県夷隅郡

大多喜町小田代559番地

(水の音倶楽部内)

TEL/FAX 

0470-62-6989

Mail mail@otakimirai-juku.jp

お問い合わせ 

NPO法人大多喜みらい塾