12/20 渓谷で正月飾り作りに挑戦

 県内から12名のご参加をいただき、伸し餅作り→お飾り作り→門松作りの順序で体験を行いました。

 

 伸し餅に使用するお餅は、餅つき機で搗きました。

 

 初めて見る餅つき機に、Hさんのお孫さんは興味津々です。

 

 搗きあがった伸し餅はビニール袋に入れ、手で均等に伸ばしました。

 

 空気が入った場合は、楊枝で空気抜きの穴を開けました。

 

 お飾り作りや門松作りに使用する藁は、芯の部分を使用するため、藁すきを行いました。

 

 Hさんのお孫さんも、初めての藁すきを真剣な眼差しで見つめています。

 

 左端にある藁は、すき終わった藁です。

 

 地元の方の丁寧なご指導をいただき、藁を組み上げお飾りを作りました。

 

 完成したお飾りです。

 

 慣れない手付きで懸命に作り上げ、立派なお飾りになっています。

 

 昼食のお餅は、参加者の皆さんに搗いていただきました。

 

 お餅に粘りがでるまで、米をこねます。

 

 

 始めは、Hさんのお孫さんと3人で搗きました。

 

 皆さん、初めての経験です。

 

 仕上げは、経験者に行っていただきました。

 

 搗きたてのお餅は、からみ餅・きな粉餅、そしてお雑煮でいただきました。

 

 また、やまびこの皆さんが、きんぴら牛蒡や煮物を作ってくださいました。

 

 搗きたてのお餅は絶品でしたので、つい食べ過ぎました。

 

 門松に使用する竹を、高速カッターで鋭角に切っています。

 

 門松に使用する缶の取っ手を外しました。

 

 缶の上部と下部の太さが異なるため、下部に段ボールを巻き、太さを均一にします。

 

 太さが均一になった缶に藁を均等に巻き、藁縄で締めますが、藁縄をきつく締めるのに苦労します。

 

 藁は、奇数回巻きです。

 

 藁縄を巻き終わった後は、缶の上部に合わせ、藁を巻きながら編んでいきます。

 

 この編み方がなかなか難しく、皆さん悪戦苦闘されていました。

 

 編みあがった藁の形を整えるため、余計な部分を切り落とします。

 

 出来上がった土台です。

 

 この中に土を入れ、松と竹で仕上げます。

 

 皆さんお持ち帰り易い様に、松と竹は別にお持ち帰りいただきました。

 

 ご家庭で立派な門松が完成したことと推測しております。

 

 地元の方に、完成品を作っていただきました。

 

 この門松と遜色なく出来上がりましたでしょうか?

 

 門松完成後、参加者の皆さんが自主的に掃除をしてくださいました。

 

 今回、ご参加いただきましたKさんは、来年3月26日に大多喜町で結婚式を挙げられるそうです。

 

 参加者の皆さんから暖かい祝福を受けていました。

 

 Kさんお幸せに・・・、また、おいでください。

 

 

 今年も数多くの方々との出会いの中で、お力をお借りし、1年間事故もなく終えることができ、心より感謝申し上げます。

 設立以来4年になります、未熟で不手際な点が多々あり、ご迷惑をおかけいたしましたが、引き続きご支援くださいます様、お願い申し上げます。

 平成27年も残り少なくなりました。お体をご自愛くださり、来る年が皆様にとりましてよき年でありますように・・・

 来年、また素敵な出会いをお待ち申し上げております。

 

古民家再生プロジェクト
古民家再生プロジェクト

298-0265

千葉県夷隅郡

大多喜町小田代559番地

(水の音倶楽部内)

TEL/FAX 

0470-62-6989

Mail mail@otakimirai-juku.jp

お問い合わせ 

NPO法人大多喜みらい塾