7/29~31 ジェフユナイテッド市原・千葉の廃校子供キャンプ

 

 7月29日(水)~31日(金)の2泊3日で、旧老川小学校で、ジェフユナイテッド市原・千葉が子供キャンプを開催しました。

 

 子供35名、大人6名の計41名でした。

 

 旧老川小学校へはバスで到着し、各自、持ち物をバスから取り出しました。

 

 大多喜町の方からの、小学校使用上の注意を真剣な眼差しで聞いていました。


  午後からは炭アートです。

 炭アートは、炭焼きの工程で不要となった炭を活用し、ボンドで炭を板に張り付け、表現をします。

 炭の有効活用の方法として、地元の皆さんが作りだしました。

 初めての炭アートへの挑戦です。

 真剣に説明を聞いていました。

 

  試行錯誤しながら、炭アートが完成しました。

 

  Kコーチの似顔絵はそっくりですね。

 

  1日目の夕食は、カレーライスです。


 用意したカレーでは間に合わず、急遽、追加で夕食をつくりました。

 

  2日目の午前中は竹で食器とお箸を作りました。


 竹の節の部分をご飯と味噌汁の器にし、縁をグラインダーで削り、滑らかにしました。

 

  箸も鉈で竹を割り、なんと割り箸を作りました。


 初めてとは思えない手作業です。

 

  昼食はお餅です。


 アンコ・きな粉・からみ餅から自由に選んで食べました。

 

  昼食後は川遊びと鮎のつかみ取りです。


 

  戸出川の入り口はトンネルです。


 トンネルを抜けると清流の戸出川を歩きました。

 

  この箇所は倒木で堰き止められていましたが、川掃除士隊の皆さんが倒木を片付け、歩けるようになりました。


 

 川歩きの終点です。


 この洞窟を渡りました。

 

 川歩き後は、鮎のつかみ取りです。

 

 初め、鮎はすばやくなかなか捕まりませんでしたが、端に追い込み、捕まえることができました。

 

 宿泊場所は教室です。

 

 6年生の教室に青大将がいて、外に追い出したそうです。


 何とも頼もしい6年生です。

 

 鮎ごはんの後は、チームごとに分かれ、レクリエーションを行いました。


 じゃんけん大会では、コーチをはじめ、皆さん非常に盛り上がっていました。

 

 最終日は流しそうめんです。


 流しそうめん用の竹を鉈と金槌を使い、割りました。

 

 割った竹の節を金槌で取りました。

 

 最後の工程です。


 流しそうめん用の勾配を調整しました。

 

 子供たちが作ったそうめん台で、流しそうめんを食べました。


 コーチが、そうめん・ミニトマト・キュウリを流し、子供たちも一味おいしいそうめんを食べました。







 初めての廃校でのキャンプで、いろいろなハプニングがありましたが、コーチの皆さんや子供たちが適切に対処していただき、無事に終えることができました。

 宿泊完備の施設と違い、廃校の小学校を利用しましたので行き届かなかった点が多々あったと思います。このキャンプで、心より感謝申し上げます。

 皆さんと共有した時間を感謝し、再会をお待ちしております。本当にありがとうございました。


古民家再生プロジェクト
古民家再生プロジェクト

NPO法人大多喜みらい塾

298-0265

千葉県夷隅郡

大多喜町小田代559番地

(水の音倶楽部内)

TEL/FAX 

0470-62-6989

Mail mail@otakimirai-juku.jp

お問い合わせ