新春餅つきと凧作り

 平成27年1月10日、大多喜町久我原の古民家において、JAF(日本自動車連盟)との共催の、「新春餅つきと凧作り」に県内外から15名のご参加をいただきました。


 当日は、快晴に恵まれたため、餅つきは野外で行い、暖を取るため囲炉裏に火をおこしました。

 


 もち米は、昔ながらに竈で蒸します。

 

 おじいちゃんの手ほどきで着火を行いました。

 

 蒸しあがったお米を、杵と臼で粘りが出るまでこねます。

 

 つきあがったお餅は、あんこ・きなこ・からみ餅で食べました。



 お餅がふきあがる間に、地元Wさんのご指導により凧作りを行いました。


 奥には、Wさんが作られた大凧(上総袖凧)をご持参していただきました。 

 

 説明後、実際に竹で作った骨を和紙に貼り付けていきます。

 

 

 



 骨組みが終わりますと、思い思いの図柄を描いて完成です。


 最後の仕上げの糸は、Wさんが取り付けてくださいました。


 出来上がった凧を早速、揚げました。


 この日、大凧を揚げる予定でしたが残念なことに風が弱かったため、揚げられませんでした。


 初めての凧作りとお餅つきにご参加いただきました皆さんです。


 自作の凧に満足気に見えますのは主催者だけでしょうか?


 また、大凧の大きさがおわかりいただけますか?


 いつか、この大凧が空を舞う機会を設けたいと思います。

古民家再生プロジェクト
古民家再生プロジェクト

NPO法人大多喜みらい塾

298-0265

千葉県夷隅郡

大多喜町小田代559番地

(水の音倶楽部内)

TEL/FAX 

0470-62-6989

Mail mail@otakimirai-juku.jp

お問い合わせ