園児による稲の生育状況見学と川歩き

 みつば保育園とつぐみの森保育園の年長組が交流会を兼ね、田んぼの見学会を行いました。

 田植え後の稲の生育状況の説明後、園児から次のような鋭い質問がありました。

1.稲はどのように成長するのか

2.田んぼの水はどこから来ているのか

3.稲はどのくらい伸びるのか

4.草はどのようにしているのか

5.田んぼの生き物は何がいるのか

6.どのくらいお米がとれるのか

 

 説明後、田んぼの周りから稲の成長や雑草・生き物を見ました。

 

 田んぼの後は川歩きです。

 

 川に入る前に入念に準備体操を行いました。

 

 川歩きのトンネルを抜けたところで記念撮影を行いました。

 

 歩き始めて間もなく、2月の雪での倒木が至るところにあり、倒木を越えて進んでゆきました。

 

 倒木を越えると清流で、園児たちは腰までつかりながら川歩きを楽しんでいました。

 

 天然のウォータージェットです。

 

 何名かの園児は山ビルにつかれましたが、皆さん渓流を遊び場にしていました。

 

 町内にもこんな遊び場があることを忘れないで、皆さんの力で残してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 9月の稲刈り、皆さんの成長を楽しみにしています。

 

古民家再生プロジェクト
古民家再生プロジェクト

298-0265

千葉県夷隅郡

大多喜町小田代559番地

(水の音倶楽部内)

TEL/FAX 

0470-62-6989

Mail mail@otakimirai-juku.jp

お問い合わせ 

NPO法人大多喜みらい塾