ハイキングコースの下見

 

 ハイキングコース(平野台~唐笠樅~塚越)の下見に行きました。

 

 観光センター「やまびこ」を出発し、平野台から上りはじめ30分すると稜線にでました。

 

 ここには、金毘羅神社があります。

 

 金毘羅神社から唐笠樅までの道は、思ったほど荒れていませんでした。

 

 途中、腕の太さになった藤蔓があります。

 

 稜線沿いの古木の枝は、過日の雪でしょうか折れていました。

 

 初めの分岐点です。

 

 ここを左に行ってください。

 

 私たちは、右に行ったため道がなくなり、引き返してきました。

 

 注意してください。

 

 唐笠樅です。

 

 左を見ましたら、祠がありましたが、屋根は残っていませんでした。

 

 唐笠樅の分岐目印として、基準点があります。

 

 左に行くと筒森集落、右は塚越集落です。

 

 私たちは、塚越集落へ向かいました。

 

 唐笠の樅から、林道塚越線にでました。

 

 途中の道端に、お飾りがありましたので、何が祀られているのかと思い少し寄り道をしました。


 椎木の大木の枝が折れていました。

 

 

 

 小倉さんが枝を取り除いて下さり、倒れていた地蔵様(?)を立て直してくださいました。

 

 

 林道沿いには、昔の牛の爪切り場があり、その石碑もありました。

 

 約2時間のコースです。

 

 田植え時に、参加者の皆さんと歩こうと思います。


 静寂の中のひと時を過ごしたい方、お問い合わせください。

古民家再生プロジェクト
古民家再生プロジェクト

298-0265

千葉県夷隅郡

大多喜町小田代559番地

(水の音倶楽部内)

TEL/FAX 

0470-62-6989

Mail mail@otakimirai-juku.jp

お問い合わせ 

NPO法人大多喜みらい塾