1/25 古民家新年会

 

 

 新年の古民家作業ですので、お餅つきを行いました。

 

 窯でお米を蒸しました。

 

 

 蒸かしたお米は、石臼に入れ杵で十分こねます。

 

 こね終わったら、いよいよお餅つきです。

 

 このお餅は、昼食にからみ餅・きな粉・しるこで食べました。

 

 この他に、トン汁をつくりました。

 

 今日の作業は便槽のコンクリート打ちと床の間の壁塗りです。

 

 コンクリートは、石とセメントに水を加えよく練ります。

 

 

 

 練りあがったコンクリートを、便槽が浮き上がらない様に厚さ15cmほど打ち、こてで均していきます。

 

 床の間の壁塗りのため、白色の壁土と水を攪拌します。

 

 壁土が柔らかくならないように、水加減が重要です。

 

 塗り方の説明を受けているところです。

 

 壁土の下地には、ラスボードを使用しました。

 

 床の間の細かなところまで、丁寧に仕上げていただきました。

 

 今日、作業していただきました皆さんです。

 

 床の間の完成です。

 

 初めての方が作ったとは思えない仕上がりです。

 

 参加者3名の方が宿泊されました。

 

 

古民家再生プロジェクト
古民家再生プロジェクト

NPO法人大多喜みらい塾

298-0265

千葉県夷隅郡

大多喜町小田代559番地

(水の音倶楽部内)

TEL/FAX 

0470-62-6989

Mail mail@otakimirai-juku.jp

お問い合わせ