5/11 古民家再生プロジェクト

 昨年6月に始まりました古民家再生は、本日最終日を迎えました。
 延べ130名の方々のご参加とご協力をいただき、お風呂のタイル張り・トイレの内張り・車椅子対応のためのトイレへのスロープをつくり終えました。
 本日、ご参加いただきました9名の方々は、終了予定時間を大幅に過ぎましたが一段落するまで作業してくださいました
 作業終了後、皆さんとの意見交換をさせて頂き、皆さんから今後もこの古民家に何らかの係わり合いを持ちたいとのご意見をいただきました。
 1年間の作業を通じ、ここにあらためまして、皆様との出会いに感謝申し上げます。ありがとうございました。

 古民家再生の区切りといたしまして、完成披露を5月25日に行います。
 当日は満月で、大倉正之助さんの鼓や山川健夫さんの朗読、古民家のある久我原子ども会による鼓の発表を計画しておりますので、多くの皆様のご参加お待ちしております。
 この古民家は、皆様の憩いの場として提供いたしますので、ご利用下さい。
 また、本日ご参加いただきました皆様のご意見に沿うべく検討をさせていただきます。
 
 
・風呂ボンド
 
 防水シート(布のようなもの)の上に、ボンドを薄く(下の防水シートが見える程度)塗ります。

 

 
・風呂タイル
 
 ボンドのタイル(1組30cm)を貼り付けてゆきます。

 

 
・風呂タイル切り
 
 隙間を埋めるため、タイルを大きさにあわせ切ります。

 

 
・風呂タイル門
 
 切り分けたタイルを細心の注意で張っていきます。

 

 
・トイレ内張り
 
 トイレの内張りも慣れた手つきで仕上げていきます。

 

 
 ・トイレ腰張り
 
 トイレへの入口がブロックでしたので、板張りにし、温かみをだしました。

 

 
・板切り
 
 トイレと台所の仕切りに使う板を、慣れた手つきで切っていきます。

 

 
・風呂の完成
 
 脱衣所からお風呂を見ていると、素人と思えないほど綺麗な仕上がりに満足

 

 
・トイレ完成
 
 食堂からトイレへは、車椅子用にスロープをつけました。
  
 腰板や仕切りに切り分けた板は、寸分の狂いもなく丁寧に仕上がっています。
 
 参加者の皆さん、本日まで本当にありがとうございました。
 今後も引き続きご支援下さい。
 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    川野邉 (火曜日, 14 5月 2013 16:51)

    こちらこそ有難うございました。
    今後どのように利用していくか、楽しみにしています。
    ところで、シイタケログ、いただいたものがあるのですが、我が家でははえてきません。そちらの庭に置かせてもらってもいいですか?

古民家再生プロジェクト
古民家再生プロジェクト

298-0265

千葉県夷隅郡

大多喜町小田代559番地

(水の音倶楽部内)

TEL/FAX 

0470-62-6989

Mail mail@otakimirai-juku.jp

お問い合わせ 

NPO法人大多喜みらい塾