2/23 炭だし・シイタケ駒打ち体験

 
 11月の炭焼き体験とはうって変わり天候に恵まれ、心も晴れやかに駒打ち・炭出しの説明を受けました。
 
 参加者の皆さんに、椎茸の原木を70cmに玉切って頂きました。
 
 皆さん、はじめての経験とは思えないほど、チェーンソーを使いこなしていました。
 
 玉切った原木に、ドリルで穴を開け、椎茸の菌をいれ、木槌でしっかりと打ち込みます。
 
 原木を傷つけないように金鎚より、木槌がよいそうです。
 
 前回、雨天のため体験できませんでした炭焼きに使用する原木の薪割りを行いました。
 
 先週の雪がまだ残っていたのには、驚かされました。

 はじめに、切り口部分に「や」と言われる鉄の楔を打ち込みます。
  
 次に、2本目・3本目の「や」を打ち、割れるまでこの作業を繰り返します。
 
 椎茸の駒打ち作業後、炭出しを行いました。
 
 炭釜の釜口を開けた瞬間に炭埃がまいあがりました。
 
 参加者の皆さん、焼きあがったばかりの炭を袋にいれ、初めての炭出し体験でした。
 
 炭出し体験後、来年度に向けたワークショップを行い、無事に全工程を終えることができました。

 この体験のため、マスクや手袋を地元の皆さんに用意して頂き、感謝いたします。
古民家再生プロジェクト
古民家再生プロジェクト

NPO法人大多喜みらい塾

298-0265

千葉県夷隅郡

大多喜町小田代559番地

(水の音倶楽部内)

TEL/FAX 

0470-62-6989

Mail mail@otakimirai-juku.jp

お問い合わせ