8/5 高原蕎麦をつくろう!

暑い中の作業になるのではないかと心配されましたが、実施場所の会所は麻面原高原も近いことから割と涼しく、さほど暑さは気にならず、過ごすことができました。

途中で差し入れのトウモロコシやスイカなどいただきながら、午前中はテンポよく畑作業を行い、昼、蕎麦打ち体験をし、午後は川歩きをしました。「メニューが多彩でよかった」「こんなに楽しいと思わなかった」などのご意見をいただきました。

シャベルもしくは「まんのう」(櫛のような鍬)でじゃがいも堀りをしました。

また隣の畑で、今回のメニューにはありませんでしたが、トウモロコシも収穫させていただきました。大収穫です!


蕎麦播きを「GONBEI」(ごんべさんと呼ばれています)で播いていきました。

後輪を地面につけると植える溝をつけながら、同時に種が落ち、さらに土かけがされる仕組みになっています。600平方メートル)弱の広さですが、2俵(蕎麦は1俵45㎏)くらいとれるそうです。


昼は蕎麦打ち体験です。作り終わらないとお昼ご飯が食べられません・・・。もみの郷会所さんの丁寧なご指導をいただきながら、きちんと作ったおかげで「こんなにおいしいと思わなかった!」というくらいコシのある美味しい蕎麦が出来ました。


午後は川歩きをしました。大多喜みらい塾のパンフレット(夏バージョン)やホームページのヘッダーにも写っている川です。この川は、随所からきれいな水が湧き出ています。子どもたちは喜々として楽しんでいました。夏休みの思い出の1ページに加えられたでしょうか??

 

次回蕎麦関係のイベントは9月22日にお花見を行います。

 

古民家再生プロジェクト
古民家再生プロジェクト

NPO法人大多喜みらい塾

298-0265

千葉県夷隅郡

大多喜町小田代559番地

(水の音倶楽部内)

TEL/FAX 

0470-62-6989

Mail mail@otakimirai-juku.jp

お問い合わせ