第1回 ムサコのたけのこ祭り(ムサコフェス)

東京で最初にできた商店街?といわれる、品川区の武蔵小山商店街。この町は元は竹山だったそうです。竹にちなんで、タケノコの産地である大多喜町にお声がかかり、第1回ムサコのたけのこ祭りが「ムサコフェス」開催期間に行われました。大多喜町の忠勝鍋(最大1万食分)と、大多喜町産のタケノコで、恵比寿「賛否両論」の笠原シェフによるタケノコ汁3150食がふるまわれ、 またほかにもタケノコ丼やタケノコはじめ野菜の直売などをさせていただきました。

放射能の影響が懸念されましたが、計測値をはっきり示すことで、納得の上で、賞味・購入いただけたようです。あっという間に売り切れました。

「大多喜町ってどこにあるの?」「アク抜きいらいないって本当?」などとの声がありました。

準備に携わってくださった方、本当にご苦労様でした!!

(協力:道の駅たけゆらの里おおたき、平沢出荷組合(タケノコ)、ばばちゃん工房、大多喜町役場、農家のみなさん)

品川区ホームページ記事

 

古民家再生プロジェクト
古民家再生プロジェクト

NPO法人大多喜みらい塾

298-0265

千葉県夷隅郡

大多喜町小田代559番地

(水の音倶楽部内)

TEL/FAX 

0470-62-6989

Mail mail@otakimirai-juku.jp

お問い合わせ